Search this site


朝起きたら中野まで歩く
朝起きたら朝風呂して日が出てたりしたのでウッドデッキで妻と珈琲を飲み


思い出して表通りの土がたまって水はけが悪いので乗り上げブロックを撤去する作業を腰が痛いのにやって家のサイドに運ぶのにそよごが邪魔なんで枝を切ってもらってそしたら妻が枝バンバン切りまくってその前に買って撤去してあったプラ製のやつが邪魔になったので解体しようと思ったら連結部のボルトで繋がってるのだけどサビすぎてこれは金鋸で切らなくちゃいけないと思い金鋸を取り出して来て妻と押さえつつ切ってたらこれ久々の夫婦の共同作業だなと思いつつも口にはしないで完全に切れる前に金鋸の刃が折れてしまったのだが最後に足でえいと踏んづけたら折れて切れたのでその替え刃を買うのといろいろ板なども買いたくてシャワーん浴びてから中野の島忠まで長女と歩く事にして歩いてたらロボットのようなメーターがあってこれいつもロボットみたいだなと思っていたのでシャッターってみて

高円寺の商店街からいつの間にか中野になってる辺りにいい暗渠的クランクがあって

環七渡って早稲田通り沿いを歩いてるとやたられぎゆらがあるのでええなあ〜と思って



昭和新道を歩いていたら焼肉家族という店に俺も長女も足が止まったのでそこでハラミ定食を食い

島忠に向かうのだが北の路地裏を通るわけで長女もおとうさんこっちに行く?とおやじの趣味がわかってるし行ったら行ったでもうなんちゅう震える暗渠なのかなぜ住んでる時に気がつかなかったのかそれは貧乏すぎて余裕がなかったのだといつもこの辺を歩くと思うことで
うおーセットかよ
うおーこんもり


しいさん写り込むけどたまんねえなここ


崖じゃ崖じゃ言いながら


本籍になってるポニーハイツ城山の前を通り島忠でまずは俺と長女の椅子を買いノコギリの刃を買い板を探したがないのでがっかりしまた帰りつつ歩くのだが今度は南の坂道クランクなどに狂気し


高円寺でちょっと横道それてとある場所の下見をして西友前を歩いていたらおっとコレはほっそい暗渠がとはまるように入っていくと本日一番の萌え暗渠にでっくわすここはそうだいつも桃園川を歩いている時に気になっていたほっそい暗渠だやったやっと通れたと小躍りして




それにしてもこのジュゲムはもう少し写真のアップ簡単に出来ないものかとめんどくさがりつつ阿佐ヶ谷の西友でカレーの材料を買いながらカレーの材料なんか知らないものだから電話で妻に確認するとルーの箱に書いてあるわよと言われるも箱には肉しか書かれてないので不審に思って普通にじゃがいもにんじん玉ねぎと肉を買って帰宅するやまたシャワー浴びてがっつり寝てしまって起きたらもうとっぷり日が暮れててカレーが出来たので食べてようやく5月にあげるはずだったコンテのラフにかかりついにラフだけでもラストまで出来たのでオールフリーを飲んで今週はとうとう1日しか呑まなかったという快挙に満足しながら再びベッドでChill out〜♪
posted by 大地丙太郎 | 23:15 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
お〜い、プロデューサー
相次ぐアニメ作品の興行ヒットの中ではあるけど、大阪でも話したように、私はガリレオのような境地でやはり呟きたい。

それでもアニメは滅びる…

大地もその真っ只中で、ブラックホールに吸い込まれるか弱い枯葉の様に翻弄されて悲鳴をあげて、九死に一生を得て岸に這い上がりしばらく、はあはあぜいぜいとしていたけど、ふといま、冷静に俺を揉み込もうとしてたブラックホールを振り返ってみてみると…
すこしづつそのブラックホールの真ん中でガリガリと見えない石臼を引いてる鬼の正体が見えて来ました。
なんか良くわからない比喩をしてますが、俺にはそんな感じに見えるの。
有象無象の無能な鬼が責任をなすりつけ合いながら石臼をものすごい勢いで回しております。

さて、そうなると対処法も見えて来ます。
監督がいない、脚本家がいない、役者がいない(あ、コレは声優界ではかなりいるので問題ないかな)…な中にあっていま一番この業界に足りないのは、プロデューサーでありましょう。
名ばかりのプロデューサーはまったく意味がありません。
本質的なプロデューサー。
圧倒的に不足です。
お〜い、プロデューサー☆
ちなみに大地の現場で安定して制作が動いてるチームももちろんあります。
そこにはプロデューサーがいます。
プロデューサーの良し悪しは大きいです。
もう一度みなさんで…

お〜い、プロデューサー☆
posted by 大地丙太郎 | 11:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
裏原宿のまた裏









水曜日の裏裏原宿のピックアップ☆
posted by 大地丙太郎 | 14:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
9月後半戦
京まふが終わり、イベントが多かった今月も少し落ち着いた。
少しね。
呑川のリポートも後半書けないままだけどね。
それにしても体調が悪い。
元気なんだけど元気じゃない。
アタマが痛い。
風邪なのか?
凝りが極まったのか。
年なのか。
痛い。
昨日、裏原宿のそのまた裏を散歩してた。

つまり、元気です。
posted by 大地丙太郎 | 01:48 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
【渋谷川二股散歩】
なんかゲスな散歩みたい。 いや、水曜日に歩いた渋谷川暗渠の二股部分だけ抽出だい☆




posted by 大地丙太郎 | 23:15 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ことばのはおと
そしてことばのはおとで2時間まったり。
京都に来たらだいたい訪れるけど、前回は待ちが長くて断念。後に予定があると待てない。
座敷には6卓袱台しかなく、皆ゆったり過ごしているから待合室もかなりいるコトになる。1時間くらいは覚悟で来ないと…です。あと気まぐれにやってないコトもある。 今回みたいに京都で特に先も急がない散策日はこのカフェにはぴったり。
パフェと珈琲を頼んで、たまにごろごろ横になりながら山田風太郎の「くノ一忍法帖」を読んでいた。



雨が強くなり、雷も鳴ってる。
行き過ぎるまでまったりしてましょ。
雨といから激しく雨が漏る。






この店の半分以上はねこ関連の本で一部鉄子関連のコーナーがある。若い夫婦がやっているみたいだけどおふたりの趣味なのかな? おしゃべりNG(小声でOKだけど)なので聞かなかった。 テーブルの隣は中国人の親子だったけど小声を守ってた。反対側のご婦人ふたりは手話で話していた。 トイレに続く廊下にはねこの足跡がある。 時間のあるときは訪れるカフェだけど、今回が一番ことばのはおと的時間を過ごせたかもしれない。 これ、雨の京都の過ごし方かもしれない。
posted by 大地丙太郎 | 17:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
祇園の不思議な近江牛の店
金曜日の夜に見つけて目をつけていた祇園近くの近江牛の店に来てみた。 やった、ランチやっとる。 と、近江牛ひつまぶしを注文☆ ひ〜っ! 美味すぎるーーーっ☆ 最後のお茶漬けはコレ、天下いっぴーん☆ ちょっと不思議な店だ。 高級なのかリーズナブルなのかわからない。
この近江牛の店、なんかヘンテコでお茶目。 店員さん、なんだか愛想がないなあと思ってたら会計のときににっこり笑って二重膳はどうでしたか?なんて☆ たまげてうろたえた俺だったりして。




posted by 大地丙太郎 | 15:50 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
gion cafe
きよみずからねねの小径を歩いてきたけど随分と店が増えてるねえ。そして若い人が好きそうな小洒落た店が多い。 雨をもろともせず来てる着物の柄も明るくてセンスが良いものが多くて目に楽しかった。 ねねの小径から八阪神社前に抜けようとしたらこんなカフェがあったので思わず入った。120年の町屋と庭だそうだ。 なぜか外国人のバーテンさんがいてオーナーも外国人だった。
写真撮ってたらオーナーがぷんすか怒ってNO!だって。
辛い外国人だった。
外観なら道だから構わんやろ。

posted by 大地丙太郎 | 13:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
雨の京都を歩く
雨の中だけど久しぶりに清水に行ってきた。ひしめくひと、外国人多し。 しかしながら清水の舞台からの緑が見事で。写真では絶対に出ないけど、同じく緑でもこんなにカラフルに感じるなんて見事。 紅葉もいいけどこんな雨煙にむせぶ清水もいいな。
きよみずの舞台の左側の通路の段差に座りといい風が通り抜けて最高の場所だった。
湿気でべたべただった体が爽やかに乾いたよ。








posted by 大地丙太郎 | 11:50 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
京まふ2016

今年もやって来れました。
メインは『信長の忍び』のお披露目。
『おじゃる丸』も17とおじゃメンズで盛り上がってた。







「信長の忍び」ステージ終わりまひた☆
俺がMCだったんすよ奥さん☆
posted by 大地丙太郎 | 23:20 | - | comments(0) | trackbacks(0) |