Search this site


<< 池袋シネマ・ロサで東京シャッターガールを語る | TOP | 半日新橋演舞場にいたってばよ >>
群馬の旅はかつむすび
我が故郷、群馬に向かう。
群馬より上州といいたいわが故郷。

先日通ったばかりの大宮、大榮橋の下をくぐる。そう、地べた電車である。
新幹線は高いしなんだか味気ない気がして地べた電車で行くのだ。
大宮を越えると宮原。
昔、好きだったのにちゃんと告らないままお別れした宮原駅先線路沿いのSちゃんち脇通過。
そんな報告いちいち要らんわっ!
それにしても、一度てっぱくに行きたい。
でも、ひとりけっこうなてっちゃんがいないと面白くないなあ〜。
オレ知識ちっともだから。
先頭車両の窓からお子さんの様に線路を見ながら北へ。
手には埼玉県地図。

と、前方に東京駅かと思わせる煉瓦の建物が見えてきた。
目白駅のように橋の上な駅舎?
なんだアレは?
絵だろうか?
と思ったらどうも本物の建物みたいだっ!
ふ、深谷駅舎かっけーっ!
ほぼ東京駅の縮小版。
写真撮れなかったけど。
調べてみたら、昔の東京駅舎に深谷の煉瓦が使われたから、その縁で駅舎を東京駅に似せたのだそう。
深谷の町にはごく自然に煉瓦作りの建物があるらしい。旧中山道辺りみたいだ。
一度歩いて見たいなあ。
お、隣の本庄駅の前にも普通の民家みたいなのに煉瓦造りの建物がちらほら見える。
新幹線でなく地べた電車にして良かった。
こーゆー風情との出会い。

倉賀野辺りで高崎線が上下別になるトコロがある。
それぞれ別の橋がかかってた。もともと単線だったのかな?
なんかこの辺もちょっと歩いて見たくなる景色であるよ。
その後、日本家屋な瓦屋根の集合住宅が。
これも珍しいなあ。
地図をみると倉賀野に岩鼻小学校がある。
国定忠治が斬った代官がいた岩鼻代官所はこの辺りなんだな。

生まれた地元高崎で乗り換え。
高崎はいつも乗り換えだけだな。
町に出たことがない。
なんだか記憶の高崎じゃない気がして。でも今度歩いてみようか。

前橋着。
いつも前橋ー中央前橋のさみしい間だけしか知らなかったけど、ちょっと西に曲がったらさみしいのは変わらないけど繁華街があった。
こっちだったのかあ〜。
さ、さみしいわあ〜。

そして、まず向かったのは…。


今回の群馬旅の目的はコレ…ではないのだけど、前から来て見たかった、なかやのかつむすび。
やっと来られたあ〜。
T1グランプリで優勝したかつむすび。
T1のTはなんだか知らんが…。
トン?
豚なのか?
ま、いいや。
しょうゆとソースがある。
ご飯に上州豚を巻いて揚げちゃったの。
めっちゃ旨い〜っ!
おばちゃんに「旨いよ旨いよ」と言いながらぺろりんこ。
ああ、お腹いっぱい。
普通のカツ丼も食べて見たいなあ〜。
地元の韓国留学生と思われる若者もいて、おばちゃんや後から来た同級生と楽しくコミュニケーションしてた。
あったかいなあ〜前橋。

後から来るサンテレビ那須さんとの待ち合わせ時間までまだあるな、と、雨の前橋の町をブラ歩き。

広瀬川というのが流れていて沿い道がなかなかいい。

ちょい先に段差があって滝みたいになってる。

なんか吹き割りの滝みたいだった。
交水堰というらしい。

げっ、前橋にコレあったっ!


そして、那須さんと合流。
本来の目的地へ。

群馬ではとある企画の持ち込みプレゼンでした。
見事成功。
嬉しい。
故郷で仕事が出来るっ!
張り切って作りますっ☆
もちろんアニメだよっ☆


再び湘南新宿ラインに乗って東京に戻ります。この路線、湘南上州ラインだよねもはや。
倉賀野のあの線路が別れるポイントの橋、当然上り側だった。
なんかここいいなあ〜。
いつか散策したい。

さあ、プレゼン成功に一気にまたいろいろ仕事が増える訳です。
よっしゃ。


posted by 大地丙太郎 | 21:24 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:24 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hibitano.jugem.jp/trackback/632
トラックバック